療養費・移送費|埼玉県医師国民健康保険組合

埼玉県医師国民健康保険組合

保険給付

TOP > 保険給付 > 療養費・移送費

療養費・移送費

療養費の支給

次に該当する場合は、一旦全額自己負担しますが、申請して審査で認められれば自己負担分を除いた額が後から支給されます。
なお、支払った日の翌日から2年を経過しますと時効により申請できなくなりますのでご注意ください。

本人申請
受領委任

移送費について

  1. 移送の目的である療養が保険診療として適切であること。
  2. 患者が療養の原因である病気・ケガにより移動が困難であること。
  3. 緊急その他やむを得ないこと

という条件のいずれにも該当し、審査で認められれば移送に要した費用が支給されます。
【必要書類】・・・移送費支給申請書(様式第17号)

訪問看護療養費

医師の指示により訪問看護ステーションなどを利用した場合、費用の一部を支払うだけで、残りは医師国保が負担します。
保険証を訪問看護ステーションなどに直接提示してください。

Copyright(c)埼玉県医師国民健康保険組合
このページの上部に戻る